どうも私です。

今日は昔話をしますね。
市原悦子さんの声で脳内再生してください。


昔々、歌舞伎町に10代後半の少年がおったそうな。

少年は道行く女性に片っ端から声をかけておった。

するとどうじゃろう。

若い男が好きな風俗嬢がどんぶらこどんぶらこと

セントラルロードを流れてきおった。

少年と風俗嬢はリストに行ったそうな。


3日後、少年がいつものようにトイレに行くと

膿混じりの小が出て、尿道に痛みを感じたんじゃと。

慌てた少年は、知り合いの売り専の事務所に駆け込んだ。

店主は少年に、これを差し出したんじゃ。

27141

店主「コレでナニを洗ってこい、痛みを感じたら性病だ」

少年は恐る恐る風呂を借りて、ソレでナニを洗ってみた。

少年「痛い!しみる!」

店主「これを飲んでおけば直るよ」

店主は少年に抗生物質を渡し、二日後には少年のナニは治っていたそうじゃ。

めでたし、めでたし。



というわけで、10数年ほど前のグリンス
性病の際には本当にしみたものでした。

ですが、最近のグリンスは殺菌作用は据え置きのまま
しみなくなったそうですね・・・。

防衛策は他にも有りますので
おかあさんには適宜伝えさせていただいておりますが
グリンスの過信には気を付けたいですね!!!


あたしからは以上!!




【おすすめ記事】
すべらない話
だがしかし
人は極限状態でしか成長できない。
すべらない話?
~仕事の流儀~