【池袋おかあさんスタッフ】光と乾燥に弱い男

熟女の殿堂!【池袋おかあさん】は「いつ来ても安心して使える」「誰でも安心して働ける」お店を目指し、日々お客様と女性に寄り添った運営を心がけております。

2019年08月


どうも私です。

おかあさん達の話を聞いていたら、
営業時間が終わっておりました(汗)


さて、保護猫のたまさんですが
先日、動物病院でしっかりとシャンプーしていただき
清潔でちょっとフローラルな猫になりました。

猫風邪も治り、1.46kgだった体重も1.95kgにまで増え
すごく順調に回復しています。

今まで隔離していたのですが、
ついに愛猫と対面をしていただきました!

2
↑我が家の愛猫。3年ほど接客業(猫カフェ)の経験が有り
猫が出入りしまくる環境に居た元プロ猫です。

ので、普通は先住猫と保護猫の首輪を交換し
匂いに慣れてもらってから対面するものですが
ソコは元プロということで、直接会っていただきました。

26376
↑愛猫との対面のため、ケージから運び出されるたまさん。


26378

初対面の瞬間!たまさんの方からすり寄って行きました!
いいこですね、たまさん。
そして匂いチェックという猫の挨拶に移行するところで…















26379


愛猫が威嚇しました
(笑)



速攻で二匹を引き離し、わずか10秒足らずの初対面でした。


ちょっと・・・アナタ元プロじゃないですか・・・
現役時代は初対面の猫におとなしく挨拶してたじゃないですか・・・

愛猫は、もうすっかり家猫になったんだな~とほっこり♪


今は人間がいる間はたまさんのケージを開け放ち
徐々にお互いの存在に遠くから慣れていってもらっています。

ひとまずあたしからは以上!

~たまさんシリーズ~
その1
その2
その3


【おすすめ記事】
すべらない話
だがしかし
人は極限状態でしか成長できない。
すべらない話?
~仕事の流儀~


           


どうも私です。

世間様は夏休みムードなので、あたしもゆるい感じの
記事にしますね!

明日こそは、風邪が治ったたまさん
獣医さんによるシャンプーでイイ感じになる
予定なので楽しみにしております。


さて夏休み、ノスタルジックな響きがありますね。
近頃は、思い出って綺麗なだけで
生産性が無いから、振り返る必要はない
みたいな風潮があったりもしますが



↑の動画を見た時はエンドルフィンがあふれました。
タンポポの綿毛飛ばし、手持ち花火に照らされた親の顔
公園の水道、溶けかけたアイス・・・
今20代後半から30代半ばの当時「こども」だった世代は
おかあさんに逢いたくなるんじゃないかしら。
そして40代から60代の当時のこどもの「親」世代にも
感慨が深いのではないでしょうか♪
来月くらいには実家に顔出そうかしら。。

あたしからは以上!


【おすすめ記事】
すべらない話
だがしかし
人は極限状態でしか成長できない。
すべらない話?
~仕事の流儀~


           


どうも私です。

先日の公休は、退院から1週間したたまさんの様子を
獣医さんに診てもらいに病院へ行ってきました。

発見当日に本当に死にかけ状態で入院したたまさんは
病院内で幾度も奇跡的な回復をしておられましたので
獣医の先生方にもすっかり人気になっておりました。

「かわいくなったね~」
「ネコらしくなったね~」

などと先生方が撫でながら行ってくれた診察は
ほんわかした心地よい空気に包まれておりました。

【結果】
目の炎症→完治!
脚の傷と化膿→ほぼ完治
発見時36度だった体温→39.9度の微熱(興奮していたから?)
1.46kgだった体重→1.70kg
新たに歯周病が見つかる

といった感じでおおむね良好でした。
短期間に200gも肥えていただけて本当に良かったです!

紆余曲折有り、たまさんは我が家で湯シャンしました。
後日、獣医さんにシャンプーしていただく予定です。
たまさんに流したお湯はびっくりするくらい茶色くてくさかったです(笑)

3

キレイになって、首輪をして、私の股間でくつろぐたまさん。

2

シャワー後の機嫌取りはメバチマグロの赤身。

1

嬉しそうに食べておられました♪


感動のビフォーアフター↓
あの曲を流しながら
あの方の声を脳内再生しながら御覧ください。



【before】
こげ茶色の体色で、鼻や肉球は貧血で真っ白
背中は毛羽立ち、体はノミの死骸と糞だらけ
後ろ脚はむごい傷が目立ち
極度のガリガリだったたまさん。
4


【after】
なんということでしょう!
こげ茶色だった体色は鮮やかな
血色を取り戻した肉球はサーモンピンク
目もしっかりと開き、輝く瞳に生命力が溢れました
5




と言う感じで、歯磨きケアをしながら
順調に体重を増やしていただいております。


ひとまずあたしからは以上!



~たまさんシリーズ~
その1
その2
その3


【おすすめ記事】
すべらない話
だがしかし
人は極限状態でしか成長できない。
すべらない話?
~仕事の流儀~


          


どうも私です。

たまさんは、明日ついにシャンプーします!楽しみです♪

さて本題。
真夏日が続いておりますね!

しかも明日は猛暑日の予報が出ております。

先日は知人が、寝ている間に熱中症になりました。
しかもかなりヘヴィなやつです。
本当に注意が必要ですね!

イケオカでは
26113

おかあさんに↑の塩タブレットを用意しました。




そして私は



日傘を新調しました!
ダウンロード


↑画像クリックでAmazonへジャンプします。

こちらの日傘、約2000円という低価格にもかかわらず
・柄のボタンで自動開閉
・遮光率100%
・UVカット率99%
・耐風素材
・革ケース付き
という超高機能です。
定価7000円くらいのモノですが、
1ヵ月くらい前からなぜか2000円になりました。
安いですが使い心地はイイです。
私は白を買いましたが、カラーバリエーションには黒も有りました。
この時期は日光が苦手な私以外の方も
直射日光を浴びないほうがいいのです。
今と昔とでは日光の質が違います!
この夏、日傘をするかしないかで
5年後・10年後の肌はすさまじい違いが出ます。
(主にシミ・そばかす)
男性諸兄も、恥ずかしがらずに日傘をさしましょう!
↑の傘は、日傘デビューをお考えの方にもお勧めです♪


ご婦人方は、ぜひキッチンに扇風機を置いてください。
家の中で熱中症になる方の
約半数がキッチンで罹患
しています。
(次いでお風呂での罹患も多いです。)

扇風機を置いて、電子レンジなどを駆使して
火を使わなかったり時短をしてお料理していただければと思います。



熱中症対策もろもろでした。

あたしからは以上!


【おすすめ記事】
すべらない話
だがしかし
人は極限状態でしか成長できない。
すべらない話?
~仕事の流儀~


         


どうも私です。

前回の続きです。

嫁が瀕死の状態で拾った猫たまさん
無事に退院されました♪

25968

普通ならキャリーに入れるのですが
ノミの糞と死骸だらけの体なので
段ボールに入れて運びました(笑)
この時点で体重1.5kg。ガリガリです。
傷だったり風邪だったり貧血だったり、色々かかえていますが
ポリシー的にグロテスクな写真は載せません。


25965

拾った日には目ヤニだらけで閉じていた目が開いていました
痩せすぎているので目が少し埋まっていて細目がちです。
獣医さんいわく太ったらもっと目が開いて可愛くなる!とのことでした。
猫風邪をひいてらっしゃるので(猫にうつる)
我が家ではケージに入れて愛猫たちとは隔離しております。
体温が低いのでタオルなどで厚着で寝てもらっています。

退院時に獣医の先生から
強制給餌(注射器みたいな器具で餌を口に突っ込む)になると
言われておりましたが、試しに餌を皿に出してみたところ…

↓クリックで動画サイトへ飛んで再生できます。
動画:2591111.mp4


自力で食べ始めました!
強制給餌はけっこう心が痛くなるので
自力で食べられるのは非常に助かりました。
たまさん、強い子だ。

25970

ノミの駆除剤をして日が浅いのと
まだまだ体力が無いのでシャンプーが出来ないでいます。
体中にノミの糞などがついているのでばっちいのと
猫風邪なので、点眼や足の傷の消毒時には
ビニールの長袖エプロンと手袋をしています。
写真は、首を絞めているのではないです!
顎下からノドにかけて触ると機嫌が良くなるので、
そうしながら耳を拭いてました。

25969

ウサみみ!

25966

トイレでも構わずごろーんとして
「触れよ」という目で見てくる甘えん坊さんです。
まだばっちぃので素手では触りません。
来週くらいに風邪が治ったらきれいにしてもらえるかしら。


さてタイトル。
雄だと思っていたたまさんは・・・・



熟女でした。


金玉に見えたアレは、痩せすぎて余った皮でした(笑)
熟女店スタッフが熟女を保護した。
なんという因果応報
なんというデスティニー

猫カフェに連れて行く条件がワクチンの接種なのですが
体重が2キロ以上になるまではリスクが高いとのこと。
ので、2ヵ月くらいのスパンで気長に太っていただきます。
(その間にめちゃくちゃ懐かれたらどうしよう…)

ひとまず


あたしからは以上!



~たまさんシリーズ~
その1
その2
その3


【おすすめ記事】
すべらない話
だがしかし
人は極限状態でしか成長できない。
すべらない話?
~仕事の流儀~


          

このページのトップヘ