スタッフブログとは・・・!?
他店さんなどのスタッフブログを見ますと
・営業終了して焼肉行ってきたぜうぇーいwwwおーしぇーいwww
・映画観ました!料理作りました!ジム行ってきました!
・HPのコピペ
といったよく分からないものから
・お客様に対する注意喚起
・仕事中に起こった珍騒動の紹介
・HPのプロフに載っていない言葉での女性紹介
といったその店を知らなくても面白いものまで色々と有りますね。

私もそこそこ見ごたえを重視したいものですが
かといって、このブログ2回目の更新でいきなり記事タイトルが
「おかあさんの乳首は硬質ゴム製ではありません、噛めば血が出ます」
なんて突っ込みすぎたものにするのも変ですし
だからといって
「いつもおかあさんを優しく扱っていただきありがとうございます。」
というコンビニのトイレの張り紙みたいなことしたらもっと変ですね(笑)

toilet



私はイケオカに入店して1年2か月ほど。
当然ですが今日まで色々なことが有りました。
ので、少しの間は過去のことなどを書いていこうと思います。
幸いにもシャチョにテンチョにカワサキ氏、登場人物には恵まれています。

で、タイトル。去年の7月のこと。
私が6年務めさせていただいた前の店(同業他店)の最終勤務日、前日までに引継ぎ諸々を済ませた私は、のびのびと勤め上げて足早に池袋へと向かいました。その日の夜はシャチョに誘われておりました。

シャチョとテンチョ。おかあさんグループのナンバーワンツーとの飲み会。
ちなみにシャチョとはその7年前から顔見知りで、4年前くらいから飲み友達みたいな感じでした。
規模3人の小さな歓迎会でしたが、とくにテンチョと初めて飲めるのが嬉しかったです。

この時の私はけっこうメンタルがボロボロでした。
色々重なっていた時期で、思考回路はショート寸前でした。

主におかあさんグループの運営方針や女性とお客様への向き合い方など、仕事の話9割だった1件目。
2件目のバーは、いい感じに酔っぱらった私はボロボロメンタルも手伝って泣き上戸になっておりました(笑)
泣きながらでも安心して酔っぱらえる大人の男性2人との飲み
という認識を得て謎のスイッチが入った私は、まずテンチョに私のふとした時の口調や仕草はカマっぽいと告白し、シャチョから投げかけられたゲイ疑惑をなぜか遠回しに柔らかく否定し、シャチョに罵詈雑言を浴びせ、それを聞いたテンチョが控え目なフォローをしつつ笑ってくれているのを心から楽しんでおりました。
それから紆余曲折あり、私はその場に居合わせた(おかあさんではない)女性に泣きつかれましたwww

当たり前だけど他人にも血が流れていて体温があって、だから
涙って熱いのね

私の豊かな腹肉にしがみついて泣く女性に大事なことを教わりました(笑)
ボロボロだったメンタルもすっかり洗われて、やる気が満ちたのを今でも覚えております。

それにしても今回はえらい長文になってしまいました・・・。